「天才・たけしの元気が出るテレビ!!」「奇跡体験! アンビリバボー」「ザ! 鉄腕! DASH!!」・・・

数々の大人気番組を手がけた超売れっ子放送作家!

SoftBank ライフネット生命保険 hulu…・・・

数々の大手クライアントを抱える、スゴ腕PRコンサルタント!

『終わらす技術』(フォレスト出版) 『「話のおもしろい人」の法則』(アスコム)『毎日○×チェックするだけ!なぜかお金が貯まる手帳術』(集英社)『プレスリリースはラブレター』(万来舎)・・・

「日経MJ」や「東洋経済オンライン」でも連載!

著書数十冊! 放送作家として培った筆力で出版界に旋風!

放送作家、戦略的PRコンサルタント、作家。
3つの顔を持つヒットメーカー・野呂エイシロウが、あなたが飛躍的に成功する方法を動画で伝授します。

実は、ボクはいつも一つのことを考えている。
放送作家としてテレビ番組の台本を書くときも、PRコンサルタントとして企業活動をアシストするときも、作家として本を執筆するときも、ボクが考えていることはたった一つだ。
それは、「世界をもっと面白くすること」

「面白い」っていうのは、もちろん「笑いが取れる」ってことだけじゃない。
毎日が楽しくて、勇気が出て、新しいことにチャレンジしたくなる。
そんな世界を創りたいということだ。
ボクはそのために、昨日も今日も明日も働き続ける。

ボクはいま、「世界をもっと面白くする人」を本気で育てたいと思っている。
だって、ボク一人が頑張るより大勢で頑張ったほうが、はるかにスピーディーにこの世界が面白くなると思うから。

この世界をもっと面白くしたいと思う人は、ボクに出逢いにサロンNOROに来てください。
ボクはあなたがサッサと成功するように、楽しみながら結果を出せる方法を伝授します!
世界を一緒に面白くする方法を提案します!

サロンNOROは、これまでペンを駆使して活動してきたボクが動画を使って発信するという、ボクにとっても初めての試みです。新鮮で面白いけど、やっぱりちょっと緊張しています。

でも、もっと面白い明日を引き寄せるために、ボクは皆さんにボクの持てるすべてを伝えます!
サロンNOROで逢いましょう。

  • とは?

野呂エイシロウ本人による会員限定のコミュニティです。

動画による講義

ここでしか視聴できないプレミアム映像。野呂エイシロウ渾身の講義をあなたへ。ヒットメーカーとして培ったノウハウをすべて公開します!

作家’s VOICE

野呂エイシロウの自由な発信スペースです。秘書のヒトミもときどき登場。色々質問してみよう!

ストア

店主は野呂エイシロウ本人。何が発売されるかは今後のお楽しみです♪

  • パソコン、スマホ、タブレット対応!
  • 秘書ヒトミ

食事会やセミナー

ときにはネットから飛び出して、リアルなイベントを開催。
会員限定だから、親密な人間関係が構築できる!濃密な情報が手に入る!

動画による講義内容を一部ご紹介します!」

  • 毎日できる夢実現法
  • 戦略的PR実践講座
    • あなたのビジネスにお客が殺到する方法
  • 自分ブランドの作り方講座
    • 成功を加速させるために “やるべきこと” “やってはいけないこと”
  • タクシー運転手さんが収入を3割アップする方法 他

他にも、会員だけしか体験できない貴重な情報やコンテンツが満載!
野呂エイシロウ本人とも交流できます!

  • に入会するメリット
  • 他人と違うものの見方ができるようになる。
  • 斬新なアイデアが出せるようになる。
  • ヒットの法則が見える。
  • 商品やアイデアの効果的な発信方法がわかる。
  • 仕事で結果が出せる。
  • 自分の可能性が開花! 成長できる。
  • 悩んでいることの解決策が見つかる。
  • 苦手な人間関係がうまくいく。
  • 毎日がハッピーになる!!

野呂エイシロウ

1967年愛知県生まれ。愛知工業大学卒業。
中学生の頃から放送部に所属してラジオに親しみ、「人が読みたくなる投稿」を追求した結果、「オールナイトニッポン」などで連日投稿が読まれるようになる。
大学時代には学生マーケターとして活躍。学生向け家電の企画立案・宣伝・PRに携わる。その後、『天才・たけしの元気が出るテレビ!!』で放送作家デビュー。
『ザ! 鉄腕! DASH!!』『特命リサーチ200X』『奇跡体験! アンビリバボー』などの構成 を担当する。 30歳のとき、放送作家として培ったノウハウを企業でも活かせると感じ、戦略的PRコンサルタントとしての活動をスタート。数々の企業の商品・サービスを次々とヒットに導く。クラ イアントは「Softbank」「ライフネット生命」「hulu」「Folli Follie」「ビズリーチ」をはじめ、2014年12月現在、15社。国内有数のプロジェクトに関わることもあるなど、幅広く活躍している。「日経MJ」「東洋経済オンライン」で連載も担当している。

PAGE
TOP